関税政策(読み)かんぜいせいさく(英語表記)tariff policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関税政策
かんぜいせいさく
tariff policy

関税を利用してさまざまな経済目的を達成しようという政策。目的としては国内産業の保護,財政収入の確保,国際収支の改善などがあげられ,また政策の効果としては,輸入抑制効果 (国内産業保護効果) ,輸入競合産業と輸出産業との間の資源配分および所得に与える効果,国民所得に与える効果などが指摘できる。貿易政策の主要な部分を占め,関税政策の理論は貿易理論の中心的テーマとなってきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぜいせいさく【関税政策】

関税制度に関する国の政策。国内産業の保護や対外関係などを勘案して決定される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんぜい‐せいさく クヮンゼイ‥【関税政策】

〘名〙 関税制度に関する国の政策。関税自主権に基づいて、自国産業の保護あるいは発展、国の財政収支、国民生活などを考慮して決定される。〔最新百科社会語辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関税政策の関連情報