コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埴製枕 はにせいまくら

1件 の用語解説(埴製枕の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はにせいまくら【埴製枕】

遺骸の頭部を安置するために特製した土製品。古墳時代に数例が知られており,それぞれ形態が相違する。奈良県天理市中山町灯籠山(とうろうやま)古墳例は,幅31cm,長さ29cmの低い箱形を呈し,底面は外湾する。上面に頭部をおくΩ形のくぼみを設け,外周を鋸歯文などで飾る。石枕(いしまくら)の形態に近く,4世紀に入る最古品である。同県五条市西河内町猫塚古墳例は,幅30cm,長さ24cm,高さ14cmの蒲鉾(かまぼこ)形をなす中空品で,上面に円形のくぼみをそなえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

埴製枕の関連キーワード聖櫃遺体縁葛石塔打鍼内内陣二天門仏座防空頭巾侯串

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone