蒲鉾(読み)カマボコ

デジタル大辞泉の解説

かま‐ぼこ【××鉾】

白身の魚のすり身に調味料を加えて練り、蒸し煮あるいはあぶり焼きした食品。長方形の板に材料を半月形に盛り上げる板付きかまぼことすることが多いが、を用いないものもある。古くは細い竹を芯にして筒形に塗りつけ、その形がガマの穂に似るところからこの名がついた。
かまぼこ形のこと。「蒲鉾屋根」
宝石をはめていない、かまぼこ形の指輪。
ガマの穂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蒲鉾【かまぼこ】

グチ,ハモ,メヌケ等の白身の魚をすり,調味料,デンプン等を加えて蒸し,または焼いたもの。多く板に盛って作るが,昔は竹串に塗りつけて焼き,ガマの穂に似たところからこの名があるという(竹輪(ちくわ))。吸物のわん種,煮物等に使用,またそのままワサビ醤油で食べる(板わさ)。
→関連項目日本料理練製品

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

かまぼこ【蒲鉾】

魚のすり身を塩などで調味して成形し、蒸したり焼いたりした食品。えそ・すけとうだらなどの白身魚を用い、長方形の小さな板にすり身を半月形に盛って蒸して作るものが代表的。◇(がま)の穂は、形が鉾(ほこ)に似ていることから「蒲鉾(かまぼこ)」と呼ばれたが、古くは竹にすり身を塗りつけて筒状に焼いて作ったものがこれに似ていたことから、この名がある。安土桃山時代に板に盛って焼くものが現れ、筒状のものは「ちくわ」というようになったとされる。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かまぼこ【蒲鉾】

スケソウダラ・タイ・ハモ・サメ・エソなど白身の魚肉をすりつぶして味をつけ、練りあげたあと長方形の小板に半月形に塗ったり、簀巻きにしたりして蒸し上げた食品。昔は、竹に筒形に長く塗った形が蒲がまの穂に似ていたのでこの名があるが、現在ではこの作り方のものを竹輪ちくわ、板につけたものを板つき蒲鉾という。
宝石をはめ込まない中高の指輪。
蒲の穂。鉾の形に似るところからいう。 〔本草綱目啓蒙〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒲鉾の関連情報