コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石枕 いしまくら

5件 の用語解説(石枕の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石枕
いしまくら

死者の頭を支えるために用いられた石製の枕。モンゴル青銅器文化にもみられる。日本では古墳時代の中期,後期に多く用いられている。滑石,安山岩凝灰岩などでつくられ,石棺に作りつけのものと,単独のものとがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いし‐まくら【石枕】

古墳時代に、遺体の頭部をのせた石製の枕。くぼみがある。石棺の底面につくりつけたものと、棺とは別のものとがあり、前者は西日本、後者は東日本に多い。
陶製の枕。夏、昼寝などに用いる。陶枕(とうちん)。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いしまくら【石枕】

考古学の用語で,遺骸の頭部を安置する石製枕をさす。2種に大別できる。1種は,馬蹄形または帆立貝形品で,周囲に高縁をそなえ,縁の外側に1~2の段を有する。滑石を素材とし,多くは段部に複数の小孔をうがち,立花と称する滑石の立飾を孔に挿入して枕辺を飾る。主として5世紀に茨城県南部,千葉県北部の一帯で流行した。残る1種は,平石にくぼみをつけた粗製品で,凝灰岩など石材は一定しない。西日本に広く分布するが,分布の密度は前者の場合ほど高くない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いしまくら【石枕】

古墳に死者を埋葬するとき、頭を安置するために使った石の枕。
陶枕とうちん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石枕
いしまくら

古墳に用いられた石製の枕。滑石(かっせき)や蛇紋岩(じゃもんがん)、凝灰岩を加工、被葬者の頭を受ける馬蹄(ばてい)形またはΩ形の彫り込みがあるのが普通である。縁に二ないし三重に段を造り出し、そこに孔(あな)を巡らし、立花とよばれる勾玉(まがたま)を背中合わせに二つあわせたような飾りを差し込んだものが千葉県北部、茨城県南部を中心として東日本に分布している。西日本には馬蹄形の彫り込みだけの単純なものが多い。
 割竹(わりだけ)形石棺、舟形石棺などの底に枕形を彫り込んだものを石枕造付(つくりつけ)石棺とよぶ。これにもΩ形に突起を巡らす例が多い。主として西日本に分布し、とくに香川県、熊本県に集中している。普通の石枕が古墳時代中・後期の所産であるのに対し、石枕造付石棺は前・中期に盛行する。[甘粕 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石枕の関連キーワード先史学チャイルド打鍼内内陣仏座仏殿近現代考古学先史考古学埴製枕アタマ差 (by a head)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石枕の関連情報