基地交付金・調整交付金(読み)きちこうふきんちょうせいこうふきん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

基地交付金・調整交付金
きちこうふきんちょうせいこうふきん

基地交付金は、国が所有する固定資産のうち、米軍が使用する固定資産および自衛隊が使用する飛行場、演習場などの用に供する固定資産がある市町村(特別区の区域にあっては都)に対して、毎年度、予算で定める金額の範囲内で交付されるもので、正式には国有提供施設等所在市町村助成交付金という。1956年度(昭和31)に創設された市町村交付金の対象から、米軍などの使用する国有資産が除外されていたため、57年度に創設されたものである。
 調整交付金は、米軍基地所在市町村には、基地交付金のみでは十分に補填(ほてん)できない面がある(米ドル支弁資産は基地交付金の対象とされておらず、また米軍に係る市町村税は非課税とされているなど)ことを考慮して、1970年度に国の予算措置により創設された。正式には施設等所在市町村調整交付金という。[大川 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android