コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大川 おおかわ

16件 の用語解説(大川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大川
おおかわ

香川県東部,大川平野の中部に位置し,津田川上・中流域を占める地域。旧町名。 1955年富田村と松尾村が合体して大川村となり,1961年町制。 2002年4月津田町,志度町,寒川町,長尾町と合併し,さぬき市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大川
おおかわ

福島県南西部,福島・栃木県境の荒海山に源を発し,会津盆地日橋川と合する阿賀野川の上流部。上・中流部は深い峡谷で,下郷町域の楢原郷,九々布郷,湯野原郷では台地を深く刻み,各所に比高 100mあまりの絶壁をつくり,奇岩景勝の地をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐かわ〔おほかは〕【大川】

大きい川。

おおかわ【大川】[福岡県の市]

福岡県南西部の市。筑後(ちくご)川下流の南岸にある。家具・指物工業が盛ん。人口3.7万(2010)。

おお‐かわ【大川】[東京都の川]

東京都を流れる隅田川の、吾妻橋から下流の通称。

おお‐かわ【大川】[大阪市の川]

大阪市内を流れる淀川(よどがわ)下流の通称。

たい‐せん【大川】

大きな川。おおかわ。大河。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおかわ【大川】

(川幅の広い)大きな川。大河。
◇ 東京都内を流れる隅田川の吾妻橋付近から下流の通称。
◇ 大阪市内を流れる淀川下流の通称。

おおかわ【大川】

福岡県南西部、筑後川下流南東岸の市。建具・家具・仏壇などを中心とした木工業が盛ん。

おおかわ【大川】

姓氏の一。

たいせん【大川】

大きな川。大河。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕大川(おおかわ)


福島県南西部を流れる阿賀野(あがの)川(阿賀(あが)川)上流部の別称。帝釈(たいしゃく)山地の荒海(あらかい)山北東腹に源を発し、北流して会津(あいづ)盆地中央部で日橋(にっぱし)川と合流、阿賀野川となる。中流は大川ラインの景勝で、河岸に国指定天然記念物の「塔(とう)の岪(へつり)」がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大川の関連情報