コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大川 おおかわ

16件 の用語解説(大川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大川
おおかわ

香川県東部,大川平野の中部に位置し,津田川上・中流域を占める地域。旧町名。 1955年富田村と松尾村が合体して大川村となり,1961年町制。 2002年4月津田町,志度町,寒川町,長尾町と合併し,さぬき市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大川
おおかわ

福島県南西部,福島・栃木県境の荒海山に源を発し,会津盆地日橋川と合する阿賀野川の上流部。上・中流部は深い峡谷で,下郷町域の楢原郷,九々布郷,湯野原郷では台地を深く刻み,各所に比高 100mあまりの絶壁をつくり,奇岩景勝の地をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おお‐かわ〔おほかは〕【大川】

大きい川。

おおかわ【大川】[福岡県の市]

福岡県南西部の市。筑後(ちくご)川下流の南岸にある。家具・指物工業が盛ん。人口3.7万(2010)。

おお‐かわ【大川】[東京都の川]

東京都を流れる隅田川の、吾妻橋から下流の通称。

おお‐かわ【大川】[大阪市の川]

大阪市内を流れる淀川(よどがわ)下流の通称。

たい‐せん【大川】

大きな川。おおかわ。大河。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおかわ【大川】

(川幅の広い)大きな川。大河。
◇ 東京都内を流れる隅田川の吾妻橋付近から下流の通称。
◇ 大阪市内を流れる淀川下流の通称。

おおかわ【大川】

福岡県南西部、筑後川下流南東岸の市。建具・家具・仏壇などを中心とした木工業が盛ん。

おおかわ【大川】

姓氏の一。

たいせん【大川】

大きな川。大河。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕大川(おおかわ)


福島県南西部を流れる阿賀野(あがの)川(阿賀(あが)川)上流部の別称。帝釈(たいしゃく)山地の荒海(あらかい)山北東腹に源を発し、北流して会津(あいづ)盆地中央部で日橋(にっぱし)川と合流、阿賀野川となる。中流は大川ラインの景勝で、河岸に国指定天然記念物の「塔(とう)の岪(へつり)」がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大川の関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大川の関連情報