コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基本情報技術者 きほんじょうほうぎじゅつしゃ

1件 の用語解説(基本情報技術者の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

基本情報技術者

情報処理技術関係の資格のひとつ。「システムアドミニストレーター」の資格とならんで、情報処理技術者資格の入門的な位置づけ。認定される能力はコンピュータープログラミングに関するもの。試験内容は情報技術一般に関して幅広い知識と、最低1つのプログラム言語に関する実用的な知識が問われる。2001年から従来の「第二種情報処理技術者」から、「基本情報技術者」に名称が変わった。受験者が多く、試験は4月と10月の2回、実施され、合格率は10~15%と年によってかなりばらつきがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基本情報技術者の関連キーワードシステムエンジニアシステム監査情報処理情報処理技術者試験プロジェクトマネージャーオフラインシステム情報処理装置ニューロ技術排水処理技術販売情報システム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

基本情報技術者の関連情報