コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基本音 きほんおんfundamental tone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基本音
きほんおん
fundamental tone

ともいう。発音体の固有振動のうち,振動数が最小の基本振動数をもつ音。これより大きい固有振動数をもつ音を上音,上音のうちで特に振動数が基本振動数の整数倍のものを倍音と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の基本音の言及

【音】より

…このように多くの純音の組合せでできる音を複合音,それぞれの純音を,その成分または部分音という。部分音のうちで振動数のもっとも低いものを基本音,それ以上の振動数の部分音を順次第1上音,第2上音,……という。とくにこの例のように上音の振動数がすべて基本音の振動数の整数倍であるときには,第2倍音,第3倍音,……という。…

※「基本音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

基本音の関連キーワードフォルマントメトロノームバートカンデサイレン景幾体歌ダストガ変化記号変化音高調波ラーガピッチ基音尺八音階旋法長調音叉

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android