堀田右馬允(読み)ほった うまのすけ

朝日日本歴史人物事典の解説

堀田右馬允

没年:明治6.1.24(1873)
生年:文化6(1809)
幕末紀州(和歌山)藩士。慶応3(1867)年11月12日,藩財政再建のため急激な禄制改革を進めようとしていた田中善蔵を殺害。これを支持する声もあり,斬罪に処せられたのは明治6(1873)年であった。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android