コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出す ダス

2件 の用語解説(出すの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だ・す【出す】

[動サ五(四)]《「いだす」から変化した語》
自分の範囲内のものを外の方へ動かす。
㋐ある所の中から外部へ移す。「小鳥をかごから―・す」
㋑ある場所からほかの方へ進み行くようにする。「舟を―・す」
㋒ある場所に行かせる。また、ある目的のために特定の場所に差し向ける。「使いに―・す」「競技大会に選手を―・す」
㋓特定の場所に届ける。「小包を―・す」「願書を―・す」「見本市に―・す」

㋐隠れているもの、しまってあるものなどをおもてに現す。人目に触れるようにする。「二の腕を―・す」「ぼろを―・す」
㋑蓄えてある力などを外に示す。「実力を―・す」
㋒おもてだったところに発表する。掲示や掲載して公表する。また、書物を出版する。「新聞に謝罪文を―・す」「名前を―・す」「全集を―・す」
㋓食してもらうために、飲食物を人前に用意する。供する。「酒を―・してもてなす」
㋔店を構えて営業を始める。「支店を―・す」
㋕声や顔つきなどに表す。「大声を―・す」「喜びを顔に―・す」
新たに存在させる。
㋐新しく発生させる。生じさせる。「芽を―・す」「ぼやを―・す」
㋑味・味わいを生じさせる。「うまみを―・す」「つやを―・す」
㋒水分などを外へ放出させる。「汗を―・す」「膿(うみ)を―・す」
㋓新しい事物をつくる。生む。「この県は首相を二人―・している」
㋔産出する。「良質の鉱石を―・す地帯」
㋕勢いなどをさらに加える。いっそう増す。「スピードを―・す」
㋖ある事態・結果をもたらす。「死傷者を―・す」「結論を―・す」
(動詞の連用形に付いて)
㋐そうすることによって外や表面に現れるようにする意を表す。「しぼり―・す」「見つけ―・す」
㋑その動作を始める意を表す。「降り―・す」「笑い―・す」
[可能]だせる
[下接句]顎(あご)を出す足を出す居候三杯目にはそっと出し噯(おくび)にも出さない我を出す顔を出す楽屋から火を出す陰で舌を出す口に出す口を出す暗闇(くらやみ)の恥を明るみへ出す地金を出す舌を出す尻尾(しっぽ)を出す精を出すだまを出す駄目を出す角を出す手を出す脳天から声を出す暇を出す藪(やぶ)をつついて蛇を出す

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だす【出す】

( 動五[四] )
〔「いだす」の転。中世頃から用いられた〕
中にあったものを外へ、または、人に見える所に、移す。 ↔ 入れる 「冷蔵庫から牛乳を-・す」 「かばんから書類を-・す」 「ゴミを家の前に-・す」 「うみを-・す」 「銀行へ行ってお金を-・して来る」
外の方へ出っぱらせる。突き出す。 ↔ 引っ込める 「脈をみますから左手を-・してください」 「窓から顔を-・す」 「庇ひさしを深く-・す」
人に見える場所に設置・掲示・展示する。 ↔ 引っ込める 「へいに掲示を-・す」 「見本をウインドーに-・す」 「看板を表に-・す」
おおわれていた物を露出させる。 ↔ 隠す 「白い歯を-・して笑う」 「真相を明るみに-・す」 「木が芽を-・す」
世の中に広く発表する。 「同人誌を-・す」 「新製品を-・す」 「広告を-・す」 「一〇〇万円寄付しますが、私の名前は-・さないでください」
乗り物を出発、または運行させる。 「臨時列車を-・す」 「迎えの車を-・す」 「波が高いので船を-・すことができない」
店舗をある場所に設ける。 「駅前に店を-・す」
人や動物を内側から外へ、またはよく見える所に、移す。 ↔ 入れる 「子供を外へ-・す」 「犬を庭に-・す」
人をいつもいる場所から、離れた所へ行かせる。 「息子を東京へ-・してやる」
自分の子供を、他の家族の一員となるよう家族から離れさせる。送り出す。 「娘を嫁に-・す」 「息子を奉公に-・す」
学校を卒業させる。 「大学まで-・した」
ある目的のために人を行かせる。派遣する。 「子供を使いに-・す」 「救助隊を-・す」
人々を接待するところに仕事に行かせる。 「娘を店に-・す」 「若い子をお座敷に-・す」
多くの人々が見たり聞いたりするものに登場させる。 「子供をピアノの発表会に-・す」 「社員をテレビに-・す」 「絵を展覧会に-・す」
人の前に連れて来る。 「『社長を-・せ』とわめいている」 「責任者を電話口に-・してください」
客などに、飲食物や金品を供する。与える。 「来客にお茶を-・す」 「客におしぼりを-・す」 「社員にボーナスを-・す」
金を支払う。
代金を支払う。 「一万円-・して買ったネクタイ」 「学資を親に-・してもらう」
ある事業のための費用を負担する。出資する。拠出する。 「会社設立の資金を-・す」 「みんなで金を-・す」
物をしかるべき所に渡す。差し出す。提出する。 「スーツをクリーニングに-・す」 「入学願書を-・す」 「答案を-・す」
手紙・小包などを発信・発送する。 「恩師に手紙を-・す」
活字になったものや話などの中に登場させる。 「家庭内のことを職場で話題に-・す」
ある集団が役員を選出する。また、ある場所が、結果として、世の中で活躍している人を生みだす。 「クラスごとに PTA の役員を-・してください」 「本県からは総理大臣を二人-・している」
論理の結論や根拠を明らかにして提示する。 「まだ結論を-・すには早すぎる」 「この問題に明確な答えを-・すのはむずかしい」 「各自、意見を-・してください」 「そんなことを言うなら証拠を-・せ」
感情を表面に表す。 「彼女はすぐに感情を顔に-・す」 「不満を口に-・す」
内に秘められている能力を発揮する。 「さあ、元気を-・して」 「あまりスピードを-・すな」 「もっと大きな声を-・しなさい」
体内にある液体をそとにあふれ出させる。 「涙を-・す」 「汗を-・す」
ある現象や事態を発生させる。結果としてそうなる場合にもいう。 「火事を-・す」 「熱を-・す」 「赤字を-・す」 「一〇人の怪我人を-・した事故」 「余りを-・す」 「新記録を-・した K 選手」 「このピアノはいい音を-・す」
それらしい雰囲気や特徴が表れるようにする。 「もっと感じを-・して台詞せりふを言ってください」
命令・依頼などの指示・働きかけを行う。 ↔ 取り消す 「問屋に注文を-・す」 「生徒に宿題を-・す」 「部下に指示を-・す」 「気象台が大雨警報を-・す」 「部長がこの企画にゴー-サインを-・した」
(動詞の連用形の下に付いて)
…し始める意を表す。 「車が動き-・す」 「雨が降り-・す」
外へ移動するよう、または外へ現れるようにする。 「道路へとび-・す」 「外へはみ-・す」 「姿を照らし-・す」 〔「出る」に対する他動詞〕
[可能] だせる
[慣用] 顎を- ・足を- ・顔を- ・口を- ・地金を- ・舌を- ・尻尾を- ・駄目を- ・ちょっかいを- ・角を- ・手を- ・暇を- ・襤褸ぼろを- / 噯 おくびにも出さない

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出すの関連キーワード追ん出す救い出す精出す突ん出す這い出す吐き出す拾い出す見出す掻い出す買出す

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出すの関連情報