出す(読み)ダス

デジタル大辞泉「出す」の解説

だ・す【出す】

[動サ五(四)]《「いだす」から変化した語》
自分の範囲内のものを外の方へ動かす。
㋐ある所の中から外部へ移す。「小鳥をかごから―・す」
㋑ある場所からほかの方へ進み行くようにする。「舟を―・す」
㋒ある場所に行かせる。また、ある目的のために特定の場所に差し向ける。「使いに―・す」「競技大会に選手を―・す」
㋓特定の場所に届ける。「小包を―・す」「願書を―・す」「見本市に―・す」

㋐隠れているもの、しまってあるものなどをおもてに現す。人目に触れるようにする。「二の腕を―・す」「ぼろを―・す」
㋑蓄えてある力などを外に示す。「実力を―・す」
㋒おもてだったところに発表する。掲示や掲載して公表する。また、書物を出版する。「新聞に謝罪文を―・す」「名前を―・す」「全集を―・す」
㋓食してもらうために、飲食物を人前に用意する。供する。「酒を―・してもてなす」
㋔店を構えて営業を始める。「支店を―・す」
㋕声や顔つきなどに表す。「大声を―・す」「喜びを顔に―・す」
新たに存在させる。
㋐新しく発生させる。生じさせる。「芽を―・す」「ぼやを―・す」
㋑味・味わいを生じさせる。「うまみを―・す」「つやを―・す」
㋒水分などを外へ放出させる。「汗を―・す」「膿(うみ)を―・す」
㋓新しい事物をつくる。生む。「この県は首相を二人―・している」
㋔産出する。「良質の鉱石を―・す地帯」
㋕勢いなどをさらに加える。いっそう増す。「スピードを―・す」
㋖ある事態・結果をもたらす。「死傷者を―・す」「結論を―・す」
(動詞の連用形に付いて)
㋐そうすることによって外や表面に現れるようにする意を表す。「しぼり―・す」「見つけ―・す」
㋑その動作を始める意を表す。「降り―・す」「笑い―・す」
[可能]だせる
[下接句]顎(あご)を出す足を出す居候三杯目にはそっと出し噯(おくび)にも出さない我を出す顔を出す楽屋から火を出す陰で舌を出す口に出す口を出す暗闇(くらやみ)の恥を明るみへ出す地金を出す舌を出す尻尾(しっぽ)を出す精を出すだまを出す駄目を出す角を出す手を出す脳天から声を出す暇を出す藪(やぶ)をつついて蛇を出す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android