コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュツ

デジタル大辞泉の解説

しゅつ【出】

その土地・家系などから出ること。生まれ。出身。「藤原氏の
そこから出ること。また、出るもの。
出来のよいこと。
「稽古、安心をなさば、などか、―不出の其のゆゑを知らざらん」〈拾玉得花〉

しゅつ【出】[漢字項目]

[音]シュツ(漢) スイ(呉)(漢) [訓]でる だす いず いだす
学習漢字]1年
〈シュツ〉
内から外へでる。だす。「出火出荷出願出血出港出世出入出発出版出力案出外出救出支出進出退出脱出提出摘出転出搬出輸出流出
現れる。「出現現出百出頻出露出
生まれる。「出自出生(しゅっしょう・しゅっせい)出身嫡出
抜きんでる。「出色傑出
ある場所におもむく。「出演出勤出社出場出席
〈スイ〉だす。「出師出納(すいとう)
〈で〉「出口出先出窓家出死出早出人出船出
[名のり]いずる・で
[難読]出雲(いずも)出(い)で座(ま)し出来(しゅったい)出会(でくわ)す見出(みいだ)す

ず〔づ〕【出】

[動ダ下二]で(出)る」の文語形

すい【出】[漢字項目]

しゅつ

で【出】

外へ出ること。「日の
出る状態・度合い。「水のがいい」「人のが少ない」
ある場所に出ること。
㋐出勤すること。「明日もだよ」
㋑俳優などが舞台に登場すること。また、芸人が高座に出ること。「楽屋でを待つ」
㋒芸者が招かれて客の座敷に出ること。「の着物」
物事のはじめ。書き出し、歌い出しなどをいう。「がうまくいけばあとは大丈夫」
出どころ。出身地・出身校などをいう。「九州の」「旧家の」「大学
物の出ている部分。
㋐建築物の突出部。また、その寸法。「軒(のき)の
㋑艫(とも)の最も高い部分。
(多く動詞の連用形に付き、下に「ある」「ない」を伴って)物事をなすのに十分な分量。また、物事をなしおえるのに要する時間・労力。「読みがある」
「西洋の新聞は実に―がある。…残らず読めば五六時間はかかるだろう」〈漱石・倫敦消息〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いだし【出】

(動詞「出だす」の連用形)

しゅつ【出】

( 名 )
出席すること。出勤すること。 ⇔
そこから出ること。また、出るもの。
ある血族・土地の出身であること。 「信卿の子、宇野氏の-/伊沢蘭軒 鷗外
そこをぬけ出ること。 「 -エジプト記」
( 名 ・形動ナリ )
出しゃばること。さしでがましいこと。また、そのさま。 「もとより楽阿弥は、-なる面差つらざしにて/狂言・楽阿弥」

しゅつ【出】

【出】 [音] シュツ ・スイ
でる。
内から外へ移動する。 「出家・出獄・外出・退出・脱出」
ある場所へ行く。 「出勤・出向・出仕・出征・出席・出動・出馬・出処進退」
人の見える所にあらわれる。 「出現・出没・現出・再出・突出」
ぬきんでる。すぐれている。 「出色・傑出」
おこる。 「出火・出来しゆつたいしゆつらい)」
だす。
内から外へ移す。 「出願・案出・移出・提出・摘出・派出」
金をしはらう。 「出資・出費・出納すいとう・歳出・支出」
人に見えるようにする。あらわす。 「出題・出版・演出・露出」
社会に送りだす。 「輩出」
でどころ。 「出自・出典・嫡出」

ず【出】

( 動下二 )
でる

で【出】

内から外へ出ること。また、出る具合・程度。 「人の-が少ない」 「水の-が悪い」
勤め人・役者・芸者などが仕事の場に出ること。 「午後からの-」 「楽屋で-を待つ」 「早-」
ほかの物や基準の線から突き出ていること。 「日の-」 「軒の-」
物事をする時のしはじめ。でだし。 「 -が一拍遅れる」
何らかの作用によって、物事が現れること。また、その具合。 「色の-が悪い」
人や物の経てきたところ。出身・出自・素性・出所など。 「この壺つぼなら-は確かでございます」 「高校-の選手」
予想以上に労力・時間を要すること。また、それによって得られる充実感・満足感。 「歩いてみると歩き-がある」 「読み-がない」 「使い-がある」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出の関連キーワード福岡県嘉麻市漆生出る所へ出るアゲインストエクソダス後入先出法中枢神経系出作り小屋喉まで出る揺るぎ出づ八州廻りのこのこ悲しけく世に立つ四門出遊四門遊観煮取り法心拍出量煎取り法出居の座出っ放し

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出の関連情報