コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀著朝 ほり あきとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀著朝 ほり-あきとも

1764-1815 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦14年2月25日生まれ。堀直著(なおあき)の次男。兄堀直宣(なおのぶ)の急死により,天明元年越後(えちご)(新潟県)椎谷(しいや)藩主堀家8代となる。藩財政窮乏による締め付けに抵抗して農民がおこした20年にわたる一揆(いっき)(天明義民事件)のとがで,寛政4年隠居と領国の一部交換を命じられた。文化12年11月24日死去。52歳。通称は千之丞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堀著朝の関連キーワード堀直起

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android