しい

精選版 日本国語大辞典「しい」の解説

しい

〘感動〙
① あざ笑う時に発する語。ふん
平治(1220頃か)下「将門は米かみよりぞきられけるたはら藤太がはかりことにて とよみたりければ、しい、とわらひける也」
② 他を制止する時に発する語。し。
※虎寛本狂言・萩大名(室町末‐近世初)「『何じゃ七本八本』『シイ。七重八重で御ざる』」
③ 動物などを追う時に発する語。し。
※虎寛本狂言・武悪(室町末‐近世初)「見た所はちいさい池成れども、うをはおびただしう有る。シイシイシイ」
④ 人に呼びかける時に発する語。また、先払いの時に発する語。
※虎明本狂言・鼻取相撲(室町末‐近世初)「しいしい申」

し・い

〘接尾〙 (形容詞型活用) し (形容詞シク活型活用) 名詞・動詞・畳語などに付いて、形容詞をつくる。そのような性質がある、…の様子だ、…と感じられるのを示す。「おとなしい」「腹立たしい」「にくにくしい」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しい」の解説

しい[感]

[感]
静粛にするようにと人を制止するときに発する声。しっ。「しい、静かに」
動物などを追うときに発する声。しっ。「しい、あっちへ行け」
あざ笑ったりするときに発する声。ふん。
「…とよみたりければ、―と笑ひけるなり」〈古活字本平治・下〉

し・い[接尾]

[接尾]《形容詞型活用[文]し(シク活)》名詞、動詞の未然形、畳語などに付いて形容詞をつくる。そういうようすである、そう感じられるという意を表す。「おとな―・い」「喜ば―・い」「毒々―・い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「しい」の解説

【卮】しい

は水器。

字通「卮」の項目を見る

】しい

のうぜんかずら。

字通「」の項目を見る

【脂】しい

あぶらと(なめしがわ)。

字通「」の項目を見る

【徙】しい

さまよう。

字通「徙」の項目を見る

【紫】しい

宮殿

字通「」の項目を見る

【試】しい

試験場

字通「」の項目を見る

頤】しい

頰杖

字通「」の項目を見る

【鴟】しい

鴟夷

字通「鴟」の項目を見る

】しい

長くつらなるさま。〔水経注、済水下〕(酸棗の西に韓王の氣臺り。孫子(楚)の(韓王)臺賦~に曰く、丘陵たるを蔑(ないがしろ)にし、五嶽の嵯峨たるに亞(つ)ぐと。

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報