コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しい シイ

デジタル大辞泉の解説

しい[感]

[感]
静粛にするようにと人を制止するときに発する声。しっ。「しい、静かに」
動物などを追うときに発する声。しっ。「しい、あっちへ行け」
あざ笑ったりするときに発する声。ふん。
「…とよみたりければ、―と笑ひけるなり」〈古活字本平治・下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しい

( 感 )
動物を追う語。しっ。
人を制する語。しっ。 「 -、人が来るぞ」
あざ笑う声を表す語。 「 -と笑ひけるなり/平治 下・古活字本
呼び掛ける語。もしもし。 「是に言葉をかけて見う、-、-、申/狂言・鼻取相撲」

しい

( 接尾 )
〔形容詞型活用[文] シク し
名詞や動詞の未然形、畳語などに付いて、形容詞をつくる。そういうさまである、そう感じられる、という意を表す。 「おとな-・い」 「喜ば-・い」 「毒々-・い」 「にくにく-・い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しいの関連キーワード四・一六事件・四一六事件興津清見寺境内牛窓本蓮寺境内石井恒右衛門明石与次兵衛京極氏城館跡鞆福禅寺境内石井吉兵衛南橋散史凌雲寺跡鈴木知昌椎の実筆弥高寺跡石井当光石井祚景石井子彭石井信義石井正敏石井櫟堂形容詞

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しいの関連情報