コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塊状熔岩 かいじょうようがん block lava

1件 の用語解説(塊状熔岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

塊状熔岩

極めて粗い表面を持つ角張った熔岩塊が雑然と集まった熔岩流で,これはガスの逸出して大きな気泡が大量に発達しているためである[Heim : 1873].塊状熔岩ハワイ(Hawaii)型とサントリニ(Santorini)型とに区別される[Piip : 1956].多面体に近い比較的大きさがそろった岩塊で表面を覆われた熔岩.安山岩質や玄武岩質熔岩流の前面部に普通にみられ,熔岩流の上部固結後も内部が動いて破壊されたり,重力によって冷却に伴う割れ目沿いに破片となり生じると考えられる[片山ほか : 1970].泡岩(aphrolith),クラストリス(clastolith)[Jaggar : 1920],アア溶岩(aa lava).

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塊状熔岩の関連キーワードシャイア火山岩塊岩塊スパッター噴石丘熔岩流厚板状パホエホエ熔岩集塊熔岩縄状熔岩破屑熔岩火成角礫岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone