コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沽 タークー

百科事典マイペディアの解説

大沽【タークー】

中国,河北省東部の港。海河河口右岸にあり,塘沽(タンクー)に対する。天津市の通関港をなし,清代には河口を防備するための砲台が築かれ,アロー戦争の時には清軍はここで英仏連合軍と交戦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

タークー【大沽】

中国、天津市の渤海に面する港湾地区。対岸の塘沽タンクーとともに漁業の基地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大沽の言及

【天津】より

…1860年(咸豊10)帝国主義諸国の要求により,清朝は開港場とし,租界が設けられ,以来外資経営の紡績等の工場が立地,外国商社も多く進出し,とくに日本の経済侵略の一拠点とされた。海港としては海河の最下流の塘沽(タンクー),大沽(タークー)の両河口港が利用された。1928年天津特別市が設けられたが,30年天津市に改められた。…

※「大沽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大沽の関連キーワードチンホワンタオ(秦皇島)特別市テンチン(天津)直轄市センゲリンチンエルギン(伯)三・一八事件アヘン戦争義和団事変義和団事件白石 葭江白石葭江膠州湾ベアト章士釗漁業対岸