コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚越賢爾 つかごし けんじ

1件 の用語解説(塚越賢爾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塚越賢爾 つかごし-けんじ

1900-1943 昭和時代前期の航空機関士。
明治33年11月8日生まれ。昭和2年東京朝日新聞社にはいる。12年神風(飯沼正明操縦士)による亜欧連絡飛行で最短時間記録を樹立。第二次世界大戦中,日独軍事連絡便としてA26型機でベルリンにむかう途中,昭和18年7月7日に消息をたった。44歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の塚越賢爾の言及

【神風号】より

…日本陸軍の試作司令部偵察機キ‐15(制式名97式司令部偵察機)のうちの1機を改装のうえ購入したもの。イギリスのジョージ6世の戴冠(たいかん)式を機に本機による訪欧飛行が計画され,37年4月6日,乗員飯沼正明,塚越賢爾により立川飛行場を出発,全行程1万5357kmを94時間18分(実飛行時間は51時間19分)を要して4月10日最終目的地ロンドンのクロイドン飛行場に到着した。これは都市間連絡飛行の国際新記録であったばかりでなく,それまで低く見られていた日本の飛行機設計能力が世界的に認められる機縁となった。…

※「塚越賢爾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塚越賢爾の関連キーワード航空図航空機関士航空便AIAHTA母機工藤富治近藤健男鈴木率道守屋富次郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塚越賢爾の関連情報