離陸(読み)りりく

精選版 日本国語大辞典「離陸」の解説

り‐りく【離陸】

〘名〙
① 飛行機などが陸地から空へ飛び立つこと。
※屋根裏の法学士(1918)〈宇野浩二〉「幅とびの前に駈けるのはすなはち飛行機の滑走といふやつだ。踏み切りはすなはち陸のことか」
② (経済などが)飛躍的に発展すること。
※現代経済を考える(1973)〈伊東光晴〉I「日本が経済的離陸(take off)に成功したように」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android