コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩分躍層 えんぶんやくそうhalocline、 salinocline

海の事典の解説

塩分躍層

海洋中の塩分の鉛直分布において、塩分の鉛直勾配が大きな層を塩分躍層という。北太平洋の中緯度では、塩分極小層が主水温躍層の下にあり、主水温躍層内で は塩分は下方に向かって減少しており、水温勾配による密度成層を若干打ち消す形になっている。塩分躍層が密度成層に大きく寄与しているのは、北太平洋の亜 寒帯海域で、100~200mの厚さの表層混合層の下部に、下方に向けて塩分の増大する非常にシャープな塩分躍層が見られる。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんぶん‐やくそう【塩分躍層】

海洋や湖において、ある深度を境に塩分濃度が急激に変化する層。ハロクライン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

塩分躍層の関連キーワード西部亜寒帯循環アラスカ循環亜寒帯水密度躍層中冷層中暖層海洋

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android