コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表層混合層 ひょうそうこんごうそうsurface mixed layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表層混合層
ひょうそうこんごうそう
surface mixed layer

海洋の表層で水温・塩分などの鉛直変化がほとんどなく一様である層。風や波浪の作用や,秋から冬に海面を通しての冷却による対流現象により起こる。日本周辺では,層の厚さが最大になるのは晩冬で,100~150mに達する。春になり,海面から熱を受けて水温躍層が形成されるようになると,混合層は薄くなっていく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

表層混合層の関連キーワード主水温躍層季節躍層塩分躍層中冷層中暖層乱流氷泥海洋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android