コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表層混合層(読み)ひょうそうこんごうそう(英語表記)surface mixed layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表層混合層
ひょうそうこんごうそう
surface mixed layer

海洋の表層で水温・塩分などの鉛直変化がほとんどなく一様である層。風や波浪の作用や,秋から冬に海面を通しての冷却による対流現象により起こる。日本周辺では,層の厚さが最大になるのは晩冬で,100~150mに達する。春になり,海面から熱を受けて水温躍層が形成されるようになると,混合層は薄くなっていく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android