塩基性前縁帯(読み)えんきせいぜんえんたい(英語表記)basic front

岩石学辞典の解説

塩基性前縁帯

花崗岩化作用の前縁で見られるCa, Mg, Fe, Mn, Tiなどの元素に富んだ地帯で,火成岩的な外観の塩基性岩あるいは超塩基性岩ができることがある.このような塩基性物質の濃集は,既存の堆積岩が花崗岩化される際に過剰となったものである[Reynolds : 1947].一方,花崗岩化作用の前縁ではSi, Na, Kなどの元素に富んだ酸性前縁帯ができる.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android