超塩基性岩(読み)ちょうえんきせいがん(英語表記)ultrabasic rock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超塩基性岩
ちょうえんきせいがん
ultrabasic rock

超苦鉄質岩 ultramafic rockともいう。塩基性岩のうち二酸化ケイ素含有量が重量百分率で 45%以下である火成岩総称。主として苦鉄質鉱物から成り,色指数は普通 70以上である。橄欖岩ピクライトなどはその代表的岩石で,通常比較的大規模な岩床などの迸入岩体あるいは溶岩流の底部に見出され,岩体の上部に向って塩基性岩に移化する。これらは,マグマの固結するとき,早期に晶出した苦鉄質鉱物が重力の場で沈降集積してできた岩石と考えられている。造山帯に産出する橄欖岩や蛇紋岩などは固態ないし半固態の状態で貫入したものが多いと考えられている。既存の塩基性岩が脱ケイ酸作用を伴う交代変成を受けた結果生成したものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうえんきせいがん【超塩基性岩 ultrabasic rock】

岩石をSiO2量により分類した場合,45重量%以下の岩石。多くのものはマフィック(鉄,マグネシウムに富む)鉱物を主体とし,超マフィック岩と同義に用いられることが多い。しかし炭酸塩岩やネフェリナイトnepheliniteのように,SiO2は45%以下でも超マフィックでないものもある。カンラン岩やある種のアルカリ火成岩類(例えばリンバージャイトlimburgite,ネフェリナイト,キンバーライト)などが超塩基性岩のおもなものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうえんきせいがん【超塩基性岩】

二酸化ケイ素の含有量が四五重量パーセント以下の火成岩の総称。橄欖岩かんらんがんなど。過塩基性岩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の超塩基性岩の言及

【超マフィック岩】より

…超苦鉄質岩ともいう。しばしば超塩基性岩と同義語に用いられる。しかし例外もあり,パイロクシナイトや多くのエクロジャイトなどは超マフィックであるが,SiO2が45重量%以上で超塩基性ではない。…

※「超塩基性岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android