コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

填間状組織(読み)てんかんじょうそしき(英語表記)intersertal texture

岩石学辞典の解説

填間状組織

玄武岩にみられる組織の一つで,様々な方向を向いた短冊状の長石の隙間がガラスあるいは陰微晶質物質で埋められた組織.緑泥石などの,一次あるいは二次鉱物によって埋められた場合もある.玄武岩では輝石の粒が楔状の隙間を完全に充填することがある.残りの部分は最終充填物のガラスや二次変質鉱物で埋められている[Zirkel : 1870].ラテン語でinterserereは間に入れる,はさむという意味.ガラスの部分が十分大きくて多数の斜長石を包む場合にはハイアロオフィティック(hyaloophitic)ということがある[MacKenzie, et al. : 1982].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android