コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

填間状組織 てんかんじょうそしき intersertal texture

1件 の用語解説(填間状組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

填間状組織

玄武岩にみられる組織の一つで,様々な方向を向いた短冊状の長石の隙間がガラスあるいは陰微晶質物質で埋められた組織.緑泥石などの,一次あるいは二次鉱物によって埋められた場合もある.玄武岩では輝石の粒が楔状の隙間を完全に充填することがある.残りの部分は最終充填物のガラスや二次変質鉱物で埋められている[Zirkel : 1870].ラテン語interserereは間に入れる,はさむという意味.ガラスの部分が十分大きくて多数の斜長石を包む場合にはハイアロオフィティック(hyaloophitic)ということがある[MacKenzie, et al. : 1982].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

填間状組織の関連キーワード二次組織車石切痕変玄武岩島弧玄武岩陸弧玄武岩角閃石玄武岩岩漿玄武岩白玄武岩マグマ玄武岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone