コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塵添あい嚢鈔 じんてんあいのうしょう

1件 の用語解説(塵添あい嚢鈔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塵添あい嚢鈔
じんてんあいのうしょう

室町時代末期,僧行誉の著わした『塵袋』『あい嚢鈔』を増補したもの。天文1 (1532) 年の作。 20巻,著者未詳 (奥書には釈氏某比丘とある) 。俗語の出所や風俗一般から仏典,僧侶に関しての百科事典的記述がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塵添あい嚢鈔の関連キーワード著し衣吉田流壒嚢鈔意雲壒囊鈔塵添壒囊抄でこまわし三職(室町時代)《室町時代小歌集》室町時代物語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone