コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境する サカイスル

デジタル大辞泉の解説

さかい・する〔さかひする〕【境する】

[動サ変][文]さかひ・す[サ変]境界をつける。境目にする。
「庭と庭とを―・するに背低き竹垣のみなれど」〈独歩・指輪の罰〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さかいする【境する】

( 動サ変 ) [文] サ変 さかひ・す
境界を作る。境目とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

境するの関連キーワードグーテンベルク=ウィーヒェルト不連続面那珂川(町)(栃木県)コマンドルスキー諸島サンアンドレアス断層二上山(富山県)サウサンプトン島山手(やまのて)ビザンティオン黒竜江[省]西有田[町]京田辺(市)忠岡(町)海山[町]加久藤盆地広東[省]本川[村]鼻中隔穿孔境ノ明神峠硬膜外血腫若狭(町)

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

境するの関連情報