コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

境界体

保険基礎用語集の解説

境界体

境界危険体ともいいます。各被保険件のリスクは、過去の経験による保険統計から、これを数量化することができます。基礎となる死亡義の死亡率を100とし、これに対する死亡率比(死亡指数)が125ないし130(会社によって異なる)より小きい被保険体を標準陣、これより大きい被保険体を標準下体、境界線上の被保険体を境界体といいます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android