コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数量化 すうりょうか

1件 の用語解説(数量化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すうりょうか【数量化】

ある現象を解明するためには,調査対象をいくつかの側面から同時に測定した多変量データの分析が重要である。測定値には数量で与えられる量的データと数量では表現できない質的データとがあり,後者の方が扱いは難しい。数量化は質的な多変量データから有効な情報を引き出すために工夫された統計的データ解析法で,文部省統計数理研究所林知己夫(ちきお)によって開発された。〈林の数量化〉〈(林の)数量化理論〉ともいい,数量化第I類,第II類,第III類,第IV類と名づけられた四つの分析法を中核とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

数量化の関連情報