コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数量化 すうりょうか

世界大百科事典 第2版の解説

すうりょうか【数量化】

ある現象を解明するためには,調査対象をいくつかの側面から同時に測定した多変量データの分析が重要である。測定値には数量で与えられる量的データと数量では表現できない質的データとがあり,後者の方が扱いは難しい。数量化は質的な多変量データから有効な情報を引き出すために工夫された統計的データ解析法で,文部省統計数理研究所の林知己夫(ちきお)によって開発された。〈林の数量化〉〈(林の)数量化理論〉ともいい,数量化第I類,第II類,第III類,第IV類と名づけられた四つの分析法を中核とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

数量化の関連キーワードロバート・H. マッカーサーE.S. ボガーダスディープラーニングフェヒナーの法則メッシュマップファジー制御ランドバーグ数量化Ⅲ類林 知己夫心理的尺度数量化Ⅱ類数量化Ⅰ類多変量解析ボガーダス限界生産力数量分類学数理心理学計量診断尺度構成機械主義

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

数量化の関連情報