増地 庸治郎(読み)マスチ ヨウジロウ

20世紀日本人名事典の解説

増地 庸治郎
マスチ ヨウジロウ

昭和期の経営学者 東京帝大教授。



生年
明治29(1896)年1月5日

没年
昭和20(1945)年3月10日

出生地
京都府

学歴〔年〕
東京高等商業学校卒,東京高等商業学校専攻部商工経営科〔大正8年〕卒

学位〔年〕
商学博士〔昭和12年〕

経歴
大正8年住友総本店に入社するが、10年退社し、同年東京商大助手となる。12年ドイツに留学、14年帰国し助教授となり、昭和10年教授に就任。14年東京帝大経済学部教授を兼任、19年まで務めた。著書「経営経済学序論」は日本で最初の体系的な経営学の書とされ、その後も多くの著書・論文を発表して戦前、戦中の正統派経営学を樹立した。また著書「株式会社」は戦後日本の経営学の基礎をなした。他の著書に「経営要論」「企業形態論」「商業通論」「賃金論」「工業経営論」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android