コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増山氏 ましやまうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ましやまうじ【増山氏】

近世大名。下野国の出身。正利は将軍徳川家綱の生母宝樹院の弟であったことから,1647年(正保4)相模国内1万石の大名に取り立てられる。59年(万治2)三河西尾2万石に移封。ついで正弥(まさみつ)のとき,常陸下館を経て,1702年(元禄15)伊勢長島に移され,以後幕末に至る。当主は弾正少弼,対馬守,河内守などを称する。中期以降は奏者番,若年寄などの要職就任者を多く出す。維新後は子爵。【大森 映子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

増山氏の関連キーワード津軽信寿伊勢国下館藩長島藩西尾藩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

増山氏の関連情報