増谷 文雄(読み)マスタニ フミオ

20世紀日本人名事典の解説

増谷 文雄
マスタニ フミオ

昭和期の宗教学者 元・都留文科大学学長;元・東京外国語大学教授。



生年
明治35(1902)年2月16日

没年
昭和62(1987)年12月6日

出生地
福岡県小倉(現・北九州市)

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部宗教学科〔大正14年〕卒

学位〔年〕
文学博士(東京大学)〔昭和35年〕

主な受賞名〔年〕
毎日出版文化賞〔昭和31年〕「人間の科学」,紫綬褒章〔昭和41年〕,勲三等瑞宝章〔昭和47年〕

経歴
浜松高工教授、東京外事専教授を経て、昭和24年東京外国語大学教授、42年大正大学教授、44年都留文科大学長。ほかに日本宗教学会会長、国際宗教研究所理事長、日本宗教連盟理事なども歴任。学生時代から60余年にわたり根本仏教を研究し、著作や放送(NHK宗教専門委員)でも説いてきた。著書に「仏陀時代」「東洋思想の形成」「仏教とキリスト教の比較研究」「阿含経典」「歎異抄」、「増谷文雄著作集」(全12巻 角川書店)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android