コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墾丁国家公園 こんていこっかこうえん

1件 の用語解説(墾丁国家公園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こんていこっかこうえん【墾丁国家公園】

台湾島最南端の恒春(ホンチュン)半島にある、陸地面積約1万8084ha、海域面積1万5185haの台湾最初の国家公園(国立公園)で、台湾を代表する観光地。バシー海峡の澄んだ珊瑚礁の海に、緑豊かな大尖石山(標高318m)や湖沼、熱帯林、砂丘などがある風光明媚エリアで、台湾一綺麗といわれる海水浴場やダイビングなどのマリンスポーツが盛んな場所である。エリア内には博物館水族館が、近隣には恒春古城、四重渓温泉、大鵬国家風景区、小琉球風景区などがある。恒春の五里亭空港からバスが出ている(所要時間30分ほど)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

墾丁国家公園の関連キーワードコスタデルソル佐多岬タリファホーン岬純忠奔注チュコト半島紅中恒春与那国馬 (Yonaguni)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墾丁国家公園の関連情報