コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒春 こうしゅん Héng chūn

2件 の用語解説(恒春の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうしゅん【恒春 Héng chūn】

中国,台湾省の南端近くに位置する都市。付近には熱帯植物を集めた墾丁公園,台湾南端の鵞鑾鼻(がらんび),四重渓温泉などの観光保養地があり,恒春はその基地であるとともに,商業の中心地。なお鵞鑾鼻の隆起サンゴ礁の台地には,1882年(光緒8)灯台が設けられ,航海するものの間では有名である。なお,〈鵞鑾〉はパイワン族の言葉の音訳で〈帆〉を意味する。また町の一部には清朝時代の1875年(光緒1)に築造された城壁や城門が残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恒春
こうしゅん / ホンチュウン

台湾南端の県。高雄(たかお/カオシュン)の南85キロメートル、恒春半島に位置する。旧称琅(ろうきょう)。年平均気温が20℃前後で一年中暖かい。1875年、清(しん)朝は辺境の防備を固めるためここに築城して県を置いた。その城門と城壁の一部がいまも残り、町の重要文化財となっている。付近一帯はタマネギ、スイカ、サイザル麻の産地である。南16キロメートルに墾丁(こんてい)国立公園があり、近くの鵞鑾鼻(がらんび)灯台、佳楽水(からくすい)ビーチを含めて、恒春半島全体が南台湾最大の観光地に発展しつつある。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恒春の関連キーワード開聞岳喜屋武岬嵩山ツェレポートランドモンテゴベイロスキレ西安端近いハルカーニ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恒春の関連情報