恒春(読み)こうしゅん(英語表記)Héng chūn

世界大百科事典 第2版の解説

こうしゅん【恒春 Héng chūn】

中国,台湾省の南端近くに位置する都市。付近には熱帯植物を集めた墾丁公園,台湾南端の鵞鑾鼻(がらんび),四重渓温泉などの観光保養地があり,恒春はその基地であるとともに,商業の中心地。なお鵞鑾鼻の隆起サンゴ礁の台地には,1882年(光緒8)灯台が設けられ,航海するものの間では有名である。なお,〈鵞鑾〉はパイワン族の言葉の音訳で〈帆〉を意味する。また町の一部には清朝時代の1875年(光緒1)に築造された城壁や城門が残っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恒春
こうしゅん / ホンチュウン

台湾南端の県。高雄(たかお/カオシュン)の南85キロメートル、恒春半島に位置する。旧称琅(ろうきょう)。年平均気温が20℃前後で一年中暖かい。1875年、清(しん)朝は辺境の防備を固めるためここに築城して県を置いた。その城門と城壁の一部がいまも残り、町の重要文化財となっている。付近一帯はタマネギ、スイカ、サイザル麻の産地である。南16キロメートルに墾丁(こんてい)国立公園があり、近くの鵞鑾鼻(がらんび)灯台、佳楽水(からくすい)ビーチを含めて、恒春半島全体が南台湾最大の観光地に発展しつつある。[劉 進 慶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android