コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壁下地 カベシタジ

デジタル大辞泉の解説

かべ‐したじ〔‐したヂ〕【壁下地】

壁土を塗るときの骨組みとなるもの。細くそいだ竹や木を縦横に組んで作る。かべしろ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かべしたじ【壁下地】

壁土を塗る時の芯となるもの。間渡まわたし竹を取り付け、小舞こまいを縦横に組んで作る。かべしろ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の壁下地の言及

【社寺建築構造】より

…禅宗様,大仏様では板壁が多い。飛鳥~鎌倉時代の土壁は水平に径3~4cmの横材(間渡(まわたし))を渡し,これに割木を編みつけて壁下地とし,その上に土を塗り,白土で上塗りを施す。中世後半から,壁下地は細い竹となり,細い貫もしだいに用いられた。…

※「壁下地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

壁下地の関連情報