コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

士分 シブン

デジタル大辞泉の解説

し‐ぶん【士分】

武士の身分。「士分に取り立てる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しぶん【士分】

さむらいの身分。 「 -に取り立てる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の士分の言及

【徒士】より

…武士身分としての徒士は,徒士侍とも称され,将軍・大名,大身の武士の家中にみられる,騎乗を許されない徒歩の軽格の武士をいう。騎乗を許された侍とともに士分として扱われ,足軽・中間(ちゆうげん)の軽輩とは区別されていた。しかし,一口に士分とはいっても徒士と侍との間には格式の上で大きなへだたりがあった。…

【中間】より

…戦時には非戦闘員として小荷駄(こにだ)隊を形成し,平時には雑役に従事した。侍(騎兵)が士分と称されたのに対し,中間は足軽(歩兵)とともに軽輩といわれた。また足軽にはおよそ苗字帯刀が許されたが,中間にはそうしたことはなかった。…

※「士分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

士分の関連キーワード益富又左衛門(初代)田辺南龍(1世)網乗り物・網乗物秋野茂右衛門志摩利右衛門杉山三右衛門本間四郎三郎萩原佐伝次板屋兵四郎佐々木大吉飯泉喜内原田謙堂鈴木善六物集高世伊藤博文新井文山渡部斧松樋口甚蔵栗本鋤雲柳井忠俊

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

士分の関連情報