コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政談 せいだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政談
せいだん

荻生徂徠の著。4巻。享保年間 (1716~36) に成稿江戸幕府要人の諮問に答える形式で述べられた幕政改革についての意見書で,政治論,経済論を展開している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐だん【政談】

そのときの政治・政局についての議論や演説。「政談演説会」
政治や裁判などを題材にした講。「大岡―」

せいだん【政談】[書名]

江戸中期の政治論。4巻。荻生徂徠(おぎゅうそらい)著。享保年間(1716~1736)成立。幕政の危機について幕府要人の諮問に答える形式で、政治・経済・社会の問題点と対策を説いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

政談【せいだん】

荻生徂徠の著。8代将軍徳川吉宗に呈した幕政に対する意見書。4巻。幕府要人の諮問に応ずる形式で記され,元禄〜享保期(1688年―1736年)の幕藩体制内の具体的諸問題に即して,経済論・政治論を展開,武士の計画的農村配置,身分制度の確立などを説いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいだん【政談】

江戸幕府の支配体制に弛緩を生ぜしめている根本的原因を指摘し,当面の対策を論じて,8代将軍徳川吉宗に呈した意見書。荻生徂徠著。4巻。成立年代には諸説あるが,1727年(享保12)4月1日,徂徠がとくに将軍吉宗に謁見を許された日の前後と考えるのが妥当であろう。ただし原稿はこのとき一気に書き下ろしたものではなく,かねて書き留めておいた断片的事項を,このとき集成したと思われる部分も少なくない。徂徠の高弟服部南郭の《物夫子著述書目記》(1753成立)に記載していないことから偽書説もあるが,南郭すら目にする機会のなかったほど秘密に取り扱われていたと解釈されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいだん【政談】

政治に関する談話・論談。
裁判などを題材にした講談。 「大岡-」

せいだん【政談】

江戸中期の政論書。四巻。荻生徂徠著。享保年間(1716~1736)成立。幕藩体制の諸矛盾を解剖し、その打開策を説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

政談
せいだん

荻生徂徠(おぎゅうそらい)の著書。4巻。江戸幕府の8代将軍徳川吉宗(よしむね)の諮問に応じ、幕府政治の改革すべき点についての徂徠の意見を述べたもので、著述の時期は不明であるが、1725年(享保10)ないし27年ごろと推定される。内容が政治上の機密に関係しているため、徂徠は門人にも見せず、自筆のまま上呈する旨を末尾に記しているほどで、公表されることはなかったが、18世紀後半になると、写本がつくられて、しだいに世間に流布し、幕府倒壊後の1868年(明治1)には京都で出版されている。このように広く読まれたのは、幕府政治のもとでの社会の実情と、その問題点、ならびにその解決策についての、的確な認識と優れた見識が示されているためで、現在では江戸時代史研究の重要な史料の一つとされている。徂徠の改革案の主眼は、戸籍を整備して、武士や庶民を土地に定着させること(土着論)と、身分に応じた生活水準の規制(制度論)とに置かれており、一見すると保守的であるが、そのなかには日本の社会の本質についての洞察が含まれており、その点で近代の日本を準備する役割を果たしたとみられる。[尾藤正英]
『辻達也・丸山真男他校注『日本思想大系 36 荻生徂徠』(1973・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の政談の言及

【政論】より

…政論の担い手は欧米新知識を吸収した知識人,彼らの結成した政党・政社・会派であり,その表明の機関が新聞であった。政治思想普及の方法として新聞とならんで演説が行われたが,演説をとおして語ることを含みとしている〈政談〉に対し,政論は印刷物をとおして論ずることに力点が置かれていた。したがって,一方の政談演説に対し,政論新聞が成立した。…

【徂徠学】より

…徂徠の真意は,道を行うということは,道徳の説教をすることではなく,先王がかつてそうしたように,天下を安んずるうえで有効な制度を定めることである,と論ずるところにある。この主張に基づいて,徂徠はみずからの制度改革論を展開した《政談》を著して将軍吉宗に献上した。徂徠学のもう一つの特徴である人間性への寛容という面では,徂徠は〈気質不変化説〉を唱えた。…

※「政談」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

政談の関連キーワード知事選期間中の政治活動の規制新版大岡政談 第二篇新版大岡政談 第一篇新版大岡政談 解決篇神田伯山(初代)梅雨小袖昔八丈勧善懲悪覗機関吉様参由縁音信大河内伝次郎唐茄子屋政談雲霧仁左衛門山内伊賀亮三方一両損白浪五人女念が晴れる確認団体竜図公案お化長屋政談演説髪結新三

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政談の関連情報