コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生宇太麻呂 みぶの うだまろ

1件 の用語解説(壬生宇太麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壬生宇太麻呂 みぶの-うだまろ

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)8年(736)遣新羅(しらぎ)使の大判官として渡海。そのときの歌が「万葉集」巻15に5首みえる。翌年帰国し,のち右京亮,但馬守(たじまのかみ)をへて玄蕃頭,外従五位下。名は宇多(陁)麻呂ともかく。
【格言など】旅にあれど夜は火ともし居るわれを闇にや妹(いも)が恋ひつつあるらむ(「万葉集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

壬生宇太麻呂の関連キーワード天平尺阿刀酒主掃守王紀豊河高麗広山長田王御方大野弓削薩摩李元環天平美術

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone