コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生宇太麻呂 みぶの うだまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壬生宇太麻呂 みぶの-うだまろ

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)8年(736)遣新羅(しらぎ)使の大判官として渡海。そのときの歌が「万葉集」巻15に5首みえる。翌年帰国し,のち右京亮,但馬守(たじまのかみ)をへて玄蕃頭,外従五位下。名は宇多(陁)麻呂ともかく。
【格言など】旅にあれど夜は火ともし居るわれを闇にや妹(いも)が恋ひつつあるらむ(「万葉集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android