大判官(読み)ダイジョウ

  • おおきまつりごとびと おほき‥
  • 大判=官

大辞林 第三版の解説

律令制で、三等官である判官じようのうち、上位者の称。官によって用字が異なる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 令制における第三等官の判官(じょう)のうちで上位のもの。官によって文字を異にし、大祐(神祇官)・大丞(省)・大允(寮)・大進(職)・大監(大宰府)・大掾(国)・大忠(弾正台)・大丞(兵部省)などの字をあてる。
※万葉(8C後)一五・三六六九・左注「右一首大判官」
② (大監) 令制における大宰府の第三等の官のうちで上位のもの。定員二人。正六位下相当。たいげん。
③ (大掾) 令制における地方官の一つ。大・上・中・下国のうち、大国の第三等官。正七位下相当。定員一人。だいじょう。〔令義解(718)〕
〘名〙 令制の第三等官である判官の定員が複数の場合、その上位者の称。官司によって字が異なる。「職員令」によれば、大祐(神祇官)、大丞(省)、大進(職・坊)、大允(寮)、大忠(弾正台)、大尉(五衛府)、大監(大宰府)、大掾(国司)などの字をあてる。おおきまつりごとびと。
※令義解(718)職員「大祐一人〈掌判官内。審署文案。勾稽失。知宿直。余判官准此〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android