変異型クロイツフェルトヤコブ病(読み)ヘンイガタクロイツフェルトヤコブビョウ

大辞林 第三版の解説

へんいがたクロイツフェルトヤコブびょう【変異型クロイツフェルトヤコブ病】

異常型プリオンの蓄積により脳にスポンジ状の変化を起こす進行性の神経性疾患。クロイツフェルト-ヤコブ病に似ているが、若年層の発生が多いこと、潜伏期間が比較的長いことなどが特徴的に異なる。1996年、イギリスで初めて発症が確認され、ウシの異常プリオンが感染した可能性が報告されている。 vCJD 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android