コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変輝緑岩 へんきりょくがんmetadiabase

岩石学辞典の解説

変輝緑岩

変成作用を受けた輝緑岩diabase).この語はかなり広く使用された.

変輝緑岩

閃緑岩との混同を避けるために,変閃緑岩(epidiorite)の代わりに提案された語である[Issel : 1892].epiという接頭語はいくつかの意味があり,ギュンベルは岩石質し鉱物が変わった場合に用いたが,ギュンベルが変閃緑岩とした岩石はドレライトであり,epiは不適当であった[Gümbel : 1888].グルーベンマンはepiという語を上部帯で変成作用が行われた岩石に用いた[Grubenmann : 1907].一方ラクロアは鉱物や化学成分が変質してもとの性質が完全にわからない火成岩に使用した[Lacroix : 1920].epiという語は現在はあまり使用されていない.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

変輝緑岩の関連キーワードメタドレライト輝緑凝灰岩トラップ日立鉱山

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android