コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変閃緑岩 へんせんりょくがんepidiorite

岩石学辞典の解説

変閃緑岩

閃緑岩は,輝石角閃石変質した閃緑岩にギュンベルが最初につけた名称であったが[Gümbel : 1874],現在では,広域成作用の影響で輝石が角閃石に変質し他の部分が再結晶したドレライト質または玄武岩質の岩石に用いられる.変輝緑岩(epidiabase)と同義に使用される.ギュンベルはepiという接頭語を変質を示す意味で導入したが,この場合に他の岩石(ドレライト)が変質作用で形成された鉱物組成と類似の岩石(閃緑岩)にepiをつけてしまったので,このepidioriteは誤った使用法である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

変閃緑岩の関連キーワードソーシュライト化作用トラップ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android