コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夕張メロン ゆうばりめろん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

夕張メロン[果樹類]
ゆうばりめろん

北海道地方、北海道の地域ブランド。
夕張市で生産されている。夕張メロンの本名は夕張キングという。夕張で初めてメロンが栽培されたのは、1923(大正12)年〜1924(大正13)年頃だったが、贅沢品であるメロンは、戦時中の食糧事情から一度その姿を消した。その後、数々の試験栽培を繰り返し、品種の研究がなされ、1960(昭和35)年に現在の夕張キングがつくられた。火山地の畑であること、標高の高い山間地で昼夜の温度差が大きいことが、メロンの糖度を高める大きな要因である。鮮やかなオレンジ色の果肉で、カロチンをたっぷり含む健康食品でもある。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

夕張メロンの関連キーワード地理的表示保護制度(GI制度)あいすの家ソフトクリーム夕張メロンピュアゼリーくらし快援隊の高額落札地理的表示保護制度地域団体商標制度ゆうばり寅次郎夕張まっ母さん北海道夕張市生キャラメル夕張父さん夕張(市)夕張夫妻北海道夕張市栗山町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夕張メロンの関連情報