コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外傷性心膜炎 がいしょうせいしんまくえん

1件 の用語解説(外傷性心膜炎の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がいしょうせいしんまくえん【外傷性心膜炎】

ウシが釘,針金などの金属性異物をのみこんで起こす病気。ウシの第1胃の内膜はハチの巣状を呈し,その収縮運動は強力で,食べ下ろした金属のとがった先端が第2胃壁,横隔膜を貫通して心膜腔,さらには心臓にまで達することがある。その結果,細菌感染を起こして外傷性心膜炎に陥る。この病気のウシは食欲が減退し,疼痛(とうつう)のため運動を嫌い,下り坂の歩行を好まず,患部の圧迫により左側のひじを外方に開いて起立する。聴診により心外雑音が聞かれることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

外傷性心膜炎の関連キーワードアマルガム上駒金属性試金針金異物肉芽腫呼吸を呑み込むセミコンダクター生唾を飲み込むベゾア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone