聴診(読み)ちょうしん(英語表記)auscultation

翻訳|auscultation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「聴診」の解説

聴診
ちょうしん
auscultation

体内で自然に生じる振動を,体外から聴診器を用いてで聞いて診断する方法。古くは直接耳を当てて聞く方法が行われた。聴診器には単耳型 (トラウベ型) と双耳型とがあるが,一般には双耳型が用いられている。呼吸音心音,脈管音などの聴診は,今なお病気の診断に欠かせない手段である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「聴診」の解説

ちょう‐しん チャウ‥【聴診】

〘名〙 主に聴診器を使って体内で発生する音を聞きとり、正常な状態か、異常であるかを確かめること。診断、診察のための重要な手段。
※金毘羅(1909)〈森鴎外〉「胸部の打診や聴診をしてしまって、体温を測ってゐるとき」
[語誌]→「ちょうしんき(聴診器)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「聴診」の解説

ちょう‐しん〔チヤウ‐〕【聴診】

[名](スル)医師が患者の体内で発生する音を聴き取り、診断すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「聴診」の解説

ちょうしん【聴診 auscultation】

身体から発する音の異状から病気を診断する技術。人体では音を発生する臓器がいくつかあり,弁の開閉血液の流れによって生じる心音と,呼吸運動にともなう空気の流れによって発生する肺音が代表的なものである。このほかに蠕動(ぜんどう)にともなって生じる腸音(グル音)や太い血管中の血流が発する血管音などがある。聴診は,これらの音の性質を聴診器によって身体の外から聴きとり,その異状から内部病変の存在やその種類を判断する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の聴診の言及

【医療】より

…内科系の診療科目として,内科,小児科,精神科,消化器内科,循環器内科,呼吸器内科,神経内科などがあり,外科系の診療科目として,外科,眼科,耳鼻咽喉科,口腔外科,産婦人科,泌尿器科,皮膚科,整形外科,脳外科,胸部外科,放射線科などがある。
【診断】
 診断とは,患者が訴えるいろいろな病気の症状を,医師が以下のような問診,視診,触診,打診,聴診,および種々の臨床検査によって病気を見きわめることである。診断は,その病気が何病であるかをきめるだけでは完全ではない。…

【聴診器】より

聴診を行うために身体の外側から音を聴くための用具。1816年フランスのR.T.H.ラエネクによって発明された。…

※「聴診」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android