外国人力士(読み)がいこくじんりきし

百科事典マイペディアの解説

外国人力士【がいこくじんりきし】

日本の国技である大相撲の世界にも外国出身の力士の活躍が目だつ。第2次大戦後初の外国人力士だったハワイ出身の高見山は,1972年の名古屋場所で幕内優勝を果たした。初の外国人横綱は曙太郎(64代。1993年)で,武蔵丸(67代。1999年),朝青龍(68代。2003年),白鵬翔(69代。2007年),日馬富士公平(70代。2012年),鶴竜力三郎(71代。2014年)と続いている。2014年5月現在で11ヵ国41人が日本相撲協会に所属しているが,そのうちモンゴル出身は朝青龍,白鵬翔,日馬富士公平,鶴竜力三郎をはじめ27人と圧倒している。日本相撲協会では,1992年に決めた外国出身力士は一部屋2人・全体で40人までを,2002年に全体で40人までを撤廃し,原則一部屋1人までと改めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android