コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高見山 たかみやま

3件 の用語解説(高見山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高見山
たかみやま

奈良県と三重県の境にある高見山地の主峰。標高 1248m。ピラミッド型の尖峰をなし,中央構造線が山の南側を通る。山頂に高角神社があり,冬の樹氷が美しい。室生赤目青山国定公園の一部。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかみ‐やま【高見山】

三重県松阪市と奈良県吉野郡との境にある山。標高1248メートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県(奈良県)〕高見山(たかみやま)


三重・奈良県境をなす高見山地西部の主峰。標高1248m。円錐(えんすい)形の山容が特徴。西日本を東の長野県伊那山地から西の九州西岸まで走る中央構造線(メディアンライン)上にあり、南側は断層崖(だんそうがい)が東西に連なる。室生赤目青山(むろうあかめあおやま)国定公園に属する。山頂付近のブナ林では樹氷がみられ、山腹にはスギ・ヒノキの美林がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高見山の言及

【高見山地】より

…奈良・三重県境中北部を東西に走る山地で,宇陀山地ともいう。主峰高見山(1249m)や三峰(みうね)山(1236m)など標高1000m級の峰が連なる。山地の南麓は断層地形を呈し,西南日本を内帯と外帯とに分ける中央構造線が通り,その構造谷を東へ櫛田川,西へ吉野川(紀ノ川)が流れる。…

※「高見山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高見山の関連キーワード雄勝峠冠山山地国見山地白神岳高見山地高見峠宇陀山地奈良県吉野郡東吉野村杉谷奈良県吉野郡東吉野村平野冠山〈中国山地〉

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高見山の関連情報