外国郵便(読み)ガイコクユウビン

大辞林 第三版の解説

がいこくゆうびん【外国郵便】

国際間の条約または約定によって、外国との間に発着する郵便。 ⇔ 内国郵便

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がいこく‐ゆうびん グヮイコクイウビン【外国郵便】

〘名〙 外国との間でやりとりする郵便海外郵便
※逓信史要(1898)〈逓信省編〉二「外国郵便に要すべき切手は内国通用のものを以て之に充(あ)て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の外国郵便の言及

【郵便】より

…この料金と手数料は料金後納とすることもできる。
【国際郵便】
 日本が自らの郵便制度により外国郵便の取扱いを開始したのは1875年1月だった。1873年に調印した日米郵便交換条約に基づくものである。…

※「外国郵便」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android