切手(読み)きって

精選版 日本国語大辞典「切手」の解説

きっ‐て【切手】

〘名〙
[一]
① ある定まった目的・用途をもつ物や銭を、その関係から切り放し、別の性格をもつ「切物」とする権利を付与する証文中世切符為替(かわし)割符(さいふ)、年貢などの貢租の預状(あずかりじょう)などをいう。
※上杉家文書‐(永正五年)(1508)一一月二三日・倉俣実経外五名連署奉書「古志郡内御料所土貢事、御屋形様被御位候之間、如切手前々、急度御進納尤候」
② 江戸時代の通行(往来)手形関所手形(居住地の名主、五人組の証明によって発行されるもの)、手判の。割符(さいふ)
※梅津政景日記‐慶長一七年(1612)三月一八日「道中の御切手、爰元に無之候」
※浮世草子・世間娘容気(1717)六「御関所あって、御切手(キッテ)なくては」
③ ある場所にはいることを認めて発行する券。入場券。
※雑俳・田みの笠(1700)「おづおづと切手を出す芝居口」
※新聞雑誌‐三一号・明治五年(1872)二月「文部省、博物館に於て博覧会を催さる。〈〉切手を以て拝観することを許さる」
④ 営業などの許可証。
※人情本・恩愛二葉草(1834)三「昔拙弾(かじ)った三味線が役に立ったも悲しい事、仁太夫さまの切手を貰うて、漸う繋ぐ細い命」
⑤ 商品に対する前払いの証券。これをもって商品の引き換えができる。商品券。商品切手。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「ビスケットの鑵や、呉服の切手まで貰ってある」
⑥ 江戸吉原大門の通行証。遊女が外出する時、抱え主の発行するこれを番所に見せた。
※雑俳・柳多留‐二三(1789)「切(きッ)手を見せて田楽を喰いに行き」
⑦ 金銭預かりの証文。借用手形。金銭切手。
※当代記(1615頃か)四「只切手にて黄金を借引す」
⑧ 江戸時代、諸大名家の蔵屋敷が米商人に発行した米穀の空売手形。蔵預かりを保証して発行する。米切手、大豆切手などがある。一種倉庫証券。明治四年(一八七一)にその発行が禁止された。
※太政官日誌‐明治四年(1871)一月二四日「今般新式郵便之御仕法御開相成候に付、駅々継立方、切手売捌取締向等」
⑩ 明治初年、鉄道など、乗り物の乗車券。切符。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「賃銭は、上車の後に車を管するもの来り、切手の手合にて収む」
[二] (「きりて(切手)」の変化した) 相手を切りつける方法。切り方。
※幸若・景清(室町末‐近世初)「長刀のきってには、こむ手、なく手、ひらく手」
[語誌]((一)⑨について) 明治三年(一八七〇)、新式郵便の実施を前に、前島密(まえじまひそか)が、国家が料金を収納したことを証する Postage stamp に対応する語として「切手」を採用した。明治初期は手形や入場券などもまだ「切手」と呼んでいたため、「郵便切手」「賃金切手」と呼ばれることもあった。

きれ‐て【切手】

〘名〙
気前のいい人。金ばなれのよい人。
洒落本・北川蜆殻(1826)上「全躰おまはんは、粋のきれてじゃによって、あそこからも、ここからも、たてられなさるでなア」
② 物事をてきぱきと処理する人。決断の速い人。きれもの。
※洒落本・船頭深話(1802)一「あの子はここの内中うでの濶人(キレテ)だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「切手」の解説

切手【きって】

(1)中世日本では切符,割符(さいふ)ともいい,為替手形の。また銭貨預状の類にもこの語が用いられた。倉庫証券の一種というべき蔵預切手米切手),藩札,各種商品切手(商品券)などがその。(2)郵便切手の略。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「切手」の解説

きって【切手】

切符(きつぷ∥きりふ)と手形を合わせた語で,証券,証書などの意。《日葡辞書》に〈Qitte 何か物などの引渡しを命ずる証拠の紙,または書付〉と見え,中世では為替をさすことが多く,近世では往来手形などの通行証や営業許可証,あるいは入場券や商品券などをいった。明治初年には鉄道の乗車券が切手と呼ばれたこともあり,郵便事業開始後は郵便切手がしだいにこの称を独占するようになって現在に至っている。通行証としての用例は江戸城門の名にも見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android