コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切手(読み)キッテ

デジタル大辞泉の解説

きっ‐て【切手】

《切符手形の意》
郵便切手」の略。
商品切手」の略。
金銭受取の証明として発行する券。手形・切符・証書の類。
昔、関所の通過や乗船などに必要とされた通行証。通り切手。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きって【切手】

切符(きつぷ∥きりふ)と手形を合わせた語で,証券,証書などの意。《日葡辞書》に〈Qitte 何か物などの引渡しを命ずる証拠の紙,または書付〉と見え,中世では為替をさすことが多く,近世では往来手形などの通行証や営業許可証,あるいは入場券や商品券などをいった。明治初年には鉄道の乗車券が切手と呼ばれたこともあり,郵便事業開始後は郵便切手がしだいにこの称を独占するようになって現在に至っている。通行証としての用例は江戸城門の名にも見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きって【切手】

「郵便切手」の略。
「商品切手」の略。商品券。
関所や乗船場で示した通行証。手形。 「御通しあるべしと-を見せて/浮世草子・一代男 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切手の関連情報