コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国銀 がいこくぎんwai-guo-yin; wai-kuo-yin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外国銀
がいこくぎん
wai-guo-yin; wai-kuo-yin

明・清時代に公私の貿易を通じて海外から中国に流入した銀。洋銭ともいう。中国では 15世紀以来,銀が通貨として広く使用されるようになったが,国内での銀の産額が少なかったので,外国銀の流入が喜ばれ,貿易品の対価として盛んに輸入された。外国銀は日本からも入ったが,主要な位置を占めたのはスペイン銀貨 (メキシコ銀墨銀ともいう) で,中国人のマニラ貿易により,のちにはイギリス東インド会社を通じ広東貿易によって多量に中国にもたらされた。その額は明末清初に 200万ドルぐらいであったが,19世紀には 400万~500万ドルにも及んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

外国銀の関連キーワードマネタリーサーベイ(Monetary survey)元(中華人民共和国の通貨)全国銀行データ通信システムスタンドバイ・クレジットフェデラルファンドレート栖原角兵衛(10代)ニューヨーク金融市場コール(金融用語)インパクト・ローンクリーン・ローンマルク外債市場メーラル[湖]東京銀行[株]マネーストッククリーンローン外銀ユーザンス国際資本移動中国人民銀行バンコク銀行国際金融市場

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android