コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外山高原 そとやまこうげん

世界大百科事典 第2版の解説

そとやまこうげん【外山高原】

岩手県中央部,盛岡市北端の大倉山から岩手郡玉山村東部の大尺(だいしやく)山にかけての高原。北上高地中の代表的な隆起準平原。1876年県営外山牧場が開設され,一時,宮内省御用地となったが,現在は盛岡市郊外の行楽地となっている。なだらかな丘陵の中に第2次大戦中に建設された外山ダムがあり,北には1960年完成のアース式の岩洞(がんどう)ダムがある。周辺はスズランシラカバにおおわれ,外山早坂県立自然公園に指定されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

外山高原の関連キーワード外山早坂高原県立自然公園

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android