コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外山高原(読み)そとやまこうげん

世界大百科事典 第2版の解説

そとやまこうげん【外山高原】

岩手県中央部,盛岡市北端の大倉山から岩手郡玉山村東部の大尺(だいしやく)山にかけての高原。北上高地中の代表的な隆起準平原。1876年県営外山牧場が開設され,一時,宮内省御用地となったが,現在は盛岡市郊外の行楽地となっている。なだらかな丘陵の中に第2次大戦中に建設された外山ダムがあり,北には1960年完成のアース式の岩洞(がんどう)ダムがある。周辺はスズランシラカバにおおわれ,外山早坂県立自然公園に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android