コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大倉山 おおくらやま

1件 の用語解説(大倉山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおくらやま【大倉山】

北海道札幌市西区宮の森にある小丘。後志(しりべし)火山群に属する古いメーサの一つで,標高307m。1931年この丘に大倉喜八郎が資金援助してスキージャンプ台(旧大倉シャンツェ)が建設され,その後幾度かの改修が行われて62年に90m級になった。70年に本格的な国際的ジャンプ台(通称大倉シャンツェ)が完成し,72年の冬季オリンピック札幌大会の主会場となった。世界有数のシャンツェで,国内で常時使われているジャンプ台としては唯一の90m級である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大倉山の関連キーワード手稲山札幌医科大学定山渓清田北海道神宮北海道庁札幌ドーム札幌市円山動物園北海道いすゞ自動車

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大倉山の関連情報