コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外断熱 ソトダンネツ

デジタル大辞泉の解説

そと‐だんねつ【外断熱】

住宅の断熱工法の一。断熱材が構造物よりも外側にあるものをいう。柱と外壁の間にパネル状の断熱材を張るなどの工法がある。→内断熱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

リフォーム用語集の解説

外断熱

建物の断熱層の位置もしくはその工法の事。主にコンクリート造などの、熱容量の大きい建物の外側に断熱層を設け、建物を外気から断熱して、建物に貯められた熱を逃がさないようにする方法。木造建築に同様の工法を用いる事を、外張り断熱工法という。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

外断熱の関連キーワード外断熱(そとだんねつ)構法ジェイホールディングス明豊エンタープライズサーラ住宅断熱構造

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外断熱の関連情報